トップ会社案内グリーンページ書籍案内環境報告書コンサルティングセミナーサイトマップ

エコライフ情報
インフォメーション
エコライフとは?
エコハウスとは?
業者選びのポイント!
カビ対策Q&A
海外レポート
用語集
エコ住宅を建てた方の声
 
グリーンページ
 
ビルダー・リフォーム会社
エコ建材情報

グリーンページ 参加社募集中
 
環境ビジネス情報
 
環境ビジネス&技術情報
ビジネスパートナー募集

ビジネスパートナー募集中!
 
エコライフ研究所とは?
 
会社案内
コンサルティング
セミナー情報
エコライフマガジン
プレスリリース
 
 
中小企業向けCSR戦略
ホームページ活性化
 
 
 
個人情報について
 
中野 博 プロフィール
 
プロフィール
書籍一覧
執筆してきた雑誌一覧
 
メルマガ登録
 

「頭脳に渇!
環境エコ時代のビジネス講座」

登録はこちらから




エコハウスとは?


●『エコハウス』とはどんな家でしょうか?



簡単に言うと「自然界にある素材を極力多く取り入れた材料を使用し、結露対策や省エネルギー対策を図り、かつメンテナンスがしやすい家」ということになります。

健康エコ住宅の仕組み詳しく説明すると、まず構造躯体が長持ちするものであること。つまり必要な耐震性能を持っており経年劣化しないように結露対策がしっかりされていること。

初期性能を維持するために、断熱、気密、換気、暖房計画がきちんとなされて結露を防止する造りがしてあること。

次に素材については製造、施工、居住段階から解体、廃棄に至るまで健康・環境のことをトータルに考えて配慮したものから家を造ること。 そして住宅を長命のものとするようにメンテナンスがしやすくかつ年月とともにアンティーク効果が得られる造り方にしてあること。


健康エコ住宅これらを前提に中古住宅流通の対象となること、すなわち中古住宅流通性能を考えた設計がなされていること。中古住宅としての価値が高ければ、住宅は短命に終わらず長命住宅となるはずです。 これらを総括して『エコハウス』と定義しています。海外の住宅事例をひもとけば、当たり前のことですし、住宅建築の原理原則がこの『エコハウス』なのである。





 




●自然との共用





健康エコ住宅『エコハウス』についてもう少し理解を深めるため“自然との共生”という視点によって説明してみましょう。

『エコハウス』の1つの考え方は“自然と共生”すること。この自然と共生する住宅を考える場合、大きく分けて2つの視点が必要です。 1つ目は自然の力を借り家を造るという視点。2つ目が自然の威力に負けない家づくりという視点。単なる自然住宅という暑さ寒さを耐えた住宅を意味するものではありません。

1つ目の「自然の力を借りる」家づくりというのは、太陽の光や熱を借りるエネルギー利用、風の力を借りるエネルギー利用、森林の力を借りる木材の利用、天の恵みを借りる雨水の利用、そしてバクテリアによる水質浄化や汚染・生ゴミなどの分解さらには植物による室内空気の浄化などがあげられます。

2つ目の「自然の威力に負けない」家づくりとは、地震や台風から家を守る住宅。更には、温度や湿度の変化に対応し住む人が健康に生活できる住宅と考えられます。


自然生態系との共生による低環境負担






 
(c) 2004-2005 ECOLIFE INSTITUTE CO.,LTD.All Rights Reserved