トップ会社案内グリーンページ書籍案内環境報告書コンサルティングセミナーサイトマップ

エコライフ情報
インフォメーション
エコライフとは?
エコハウスとは?
業者選びのポイント!
カビ対策Q&A
海外レポート
用語集
エコ住宅を建てた方の声
 
グリーンページ
 
ビルダー・リフォーム会社
エコ建材情報

グリーンページ 参加社募集中
 
環境ビジネス情報
 
環境ビジネス&技術情報
ビジネスパートナー募集

ビジネスパートナー募集中!
 
エコライフ研究所とは?
 
会社案内
コンサルティング
セミナー情報
エコライフマガジン
プレスリリース
 
 
中小企業向けCSR戦略
ホームページ活性化
 
 
 
個人情報について
 
中野 博 プロフィール
 
プロフィール
書籍一覧
執筆してきた雑誌一覧
 
メルマガ登録
 

「頭脳に渇!
環境エコ時代のビジネス講座」

登録はこちらから

健康エコ住宅を建てた方の声


こちらのページでは、エコハウスを建てた方々やエコハウスに住んでみての感想などをご紹介いたします。ほんの一部ではありますが、健康エコ住宅を建てた方の声をご紹介します。

今後も、皆さまの声を少しづつご紹介していく予定です。


もうこれ以上ないという選択  岐阜県瑞浪市 0さん(主婦)/ビルダー=M社


私たちは昨年の暮れに新築早々入居しましたが、本当に快適に過ごしています。構造は木造で、壁は薩摩白壁なので空気も浄化され澄んだ感じがして調湿作用も高く、梅雨時もさらっとしています。結露防止のために、断熱や気密にもしっかり気が配られており、安心できる家造りでしたし、何と言っても職人さんたちが一生懸命現場で断熱工事をしてくださったことには、感激もしました。

見えないところは私たちにはわかりにくいですが、M社の社長さんはちゃんと説明してくれて、断熱や気密工事などの重要性を教えてくださいました。これで、我が家は結露もなく省エネにもなる家に住めるようになったんです。床下の防腐・防蟻処理はしなくても大丈夫なよう配慮してもらえました。第一条件だった暖房も二四時間むらなく、どの部屋も暖かく、心配していた暖房費も思ったより安く済みホッとしています。これも、断熱・気密工事がしっかりできている証拠だなと思いました。今心配されている地震にも対応できるように、木造なんだけれど壁も強化されています。

私たちにとって、もうこれ以上ないという家が建ちました。息子のアトピーの調子もよく、毎日木の香りのする快適な家へ帰って来られるのは本当に幸せです。木造住宅展でM社の社長の奥さんに「絶対損はさせないから」と言われて耳を傾け、信じてお願いして正解でした。


家を大事にする気持ちがわいてくる 岡山県岡山市 Tさん(総合建設業、設計)/ビルダー=K社


エコハウスに住みはじめて約三ヶ月、一番最初に実感したことは、有機溶剤等を使用していないので、問題になっているシックハウスによる不快感をまったく感じなかったということです。

木をふんだんに使用しているので温かみがあり、住んでいて大変に落ち着きます。我が家を訪れる友人たちも玄関を開けてまず、木のいい香りに驚くそうです。ただ天然材のため、手入れは当初考えていたより大変ですが、季節ごとに出てくるいろいろな表情を楽しみながら、あじわいを出していきたいと思っています。また、手をかけることにより家に対する愛着が増し、家を大事にする気持ちがわいてきます。こういうことを考えると、自分でメンテナンスのできる家はいいなと思います。

間取りで言えば、外断熱工法のため屋根裏を有効利用することができ、我が家では収納スペースとして利用しているため大変助かっています。「家造りも環境を考える時代」というK社の考え方に賛同して建てた家ですが、同じ建築業界にいる者としてエコハウスにしてよかったと思います。


エコハウスのコンセプトに共感しました 群馬県前橋市 Nさん(団体職員)/ビルダー=S社


S社のショウルームに入ると、そこには何か違った空間が広がっていました。今思うとまさに、そこはエコハウスの空間でした。S社長が直接、エコハウスの考えや家造りについて時間をかけて丁寧に説明してくれました。直観的にいい提案が出るかもしれないと思い、プランのお願いをしました。何度かのプラン作りを経て、現在図面や仕上げがすべて決まってこれから着工の段階です。完成予定は年内。暮れには二人目の出産もあり、来年には家族四人でエコハウスに住めることを今から大変楽しみにしています。何より小さな子どもたちを健康で安全な、そして快適な家に住まわせることは、親としての責任であると思います。

家造りについては、私たちは素人です。やはり信頼できる工務店を探し、そこに安心しておまかせするのが、一番だと思います。社長さんから、建物は完成して住み始めてからが大切です、施主と工務店でこれから育てていくものです、20年、30年後が楽しみですね、と言われました。今は、早く工事が始まり、現場に見学に行くこと楽しみにしている毎日です。


外断熱に興味を持って 茨城県下館市 Wさん(会社員)/ビルダー=I社


Wさんはご夫婦とお子さん三人、そしてご両親という七人家族。ご両親は車椅子で生活をしているそうです。Wさん一家が、家造りをしようとしたきっかけを聞いてみました。

「今まで住んでいた家が老朽化し、雨漏りがしはじめました。屋根の修繕費が予想よりもかかり、ちょうど子どもたちが部屋を欲しくなる年頃になったことが重なったので、今回思い切って建て替えようと決心しました」

では、どのような家造りを目指したのでしょうか?

「我が家は、日当たりが悪く、親も車椅子の生活のため、せめて寒い冬を親たちに快適に過ごしてもらいたいと思い、部屋ごとではなく、家全体を暖かくすることを考えました。また、開放感のある家にしたいとも考えました」

実際に、家造りを通してどのようなご感想を持たれましたか?

「設計図面の上では私たち素人にはなかなか理解ができないことが多々あり、建てる前にはいろんな展示場などを見て、話を聞き、外断熱工法に興味を持ちました。そんな中で、家を建てた友人から紹介されたI社が外断熱住宅を建てている会社ということで、いろいろと話を聞いていくうちにエコハウスの考え方に共感しました。もうすぐ完成するのですが、無垢材やルナファーザーを多用した住まいに早く住んでみたいと思っています」

最後に、一言お願いします。

「今、環境問題が問われていますが、我が家も多少なりとも地球にやさしく汚すことのない生活ができればいいと思います。また我が家には三人の子どもたちがいるので安心で楽しい笑顔のたえない生活が送れればいいですね。我が家を建てる際に、I社さんのいろいろな業者さんが一生懸命仕事をしてくださったのには頭が下がる思いでした」

 





 
(c) 2004-2005 ECOLIFE INSTITUTE CO.,LTD.All Rights Reserved