トップ会社案内エコデザインハウス研究会環境報告書コンサルティングセミナーサイトマップ

 
エコライフ情報
インフォメーション
エコライフとは?
健康エコ住宅とは?
業者選びのポイント!
カビ対策Q&A
海外レポート
用語集
エコ住宅を建てた方の声
 
中野 博 プロフィール
 
プロフィール
書籍一覧
執筆してきた雑誌一覧
 
環境ビジネス情報
 
環境ビジネス&技術情報
ビジネスパートナー募集

ビジネスパートナー募集中!
 
エコライフ研究所とは?
 
会社案内
コンサルティング
セミナー情報
エコライフマガジン
プレスリリース
 
 
中小企業向けCSR戦略
ホームページ活性化
 
 
 
個人情報について
 
メルマガ登録
 

エコライフ&リッチマインド
 マラソン


登録はこちらから


LOHAS(ロハス)ってなあに?
ロハスフォーラム10が開催されたアメリカ・サンタモニカ
  最近よく耳にするロハスですが、ロハスとは LOHAS(Lifestyle of Heath and
  Sustainability ) の略で簡単にいうと、持続可能な健康で環境にやさしい
  ライフスタイルです。  

 ● ロハスという言葉が生まれた背景

ポールレイ博士これは 1970 年代から科学技術の発展、グローバル化,地球環境に変化、人口問題などさまざまな変化が 表れたてきたアメリカで、宗教観を重視し、あまり生活の変化を好まない保守派と呼ばれる人々と効率的 なことを重視する物質主義的な近代派と呼ばれる人たち以外の人々があらわれてきました。 そのことに気づいたアメリカの社会学者、ポール・レイ氏、心理学者のシェリーアンダーソン氏が、 1986 年から 15 年かけて 15 万人を対象に調査した結果、この人々を「文化創造者( Cultural Creative )」といい、この人たち  が好むライフスタイルのことをロハス(LOHAS)と言います。
  (写真はポールレイ博士、ロハススフォーラム10にて)

  この文化創造者は、保守派でも近代派とも異なり、自分で自分にあったモノをえらび、自分にとって心地よい生 活を送り、 自分なりの文化を自分で創る人たちです。

  この文化創造者が形成するライフスタイルには特徴があり、
  それがロハス(LOHAS)・健康で持続可能な社会をもとめるライフスタイル です。

  このライフスタイルもとめる文化創造者たちをロハス層と呼んでいます。

  ロハスに当たる健康、環境、正しい社会、自己啓発と持続可能な生活に関する商品とサービスは
  アメリカ市場で2268 億ドルだといわれています。
  ロハス市場に引きつけられる消費者は、 Cultural Creatives と集団で称されて、  
  アメリカまたは 6300 万人の大人、およそ 30 パーセントは、 ロハス(LOHAS) 消費者と現在考えらてれます。

   

 

 ● ロハス層に関心の高い分野

  ロハス層は、このような分野に関心高いといわれています。

  自分で持続できる、地球の持続可能性を考えた健康で環境にいいライフスタイルです。

   

 

 

 ● 最近の日本におけるロハスの動き (展示会、雑誌、ラジオ)

  今、日本ではロハスは本当に注目されています。ソトコトという雑誌はロハス専門雑誌といえるほど
  ロハスについて記載しています。またラジオ局のJ - WAVEでも積極的にロハスに関する話題を放映して
  います。J - WAVEにはロハスサンデーというような日を設けて、グリーンエネルギーを使用し、放送している 時間があったり、ロハスについて語る時間があります。ほかにも 4 月にはじめてロハスフェスタなども開催され
 ました 。

 

 


  ●参考ロハスURL

  潟Cースクエア:http://www.e-squareinc.com/
  NPOローハスクラブ:http://www.lohasclub.org/
  LOHAS-WORLD:http://www.lohas-world.com/


 



 
(c) 2004-2005 ECOLIFE INSTITUTE CO.,LTD.All Rights Reserved