トップ会社案内グリーンページ書籍案内環境報告書コンサルティングセミナーサイトマップ

 
エコライフ情報
インフォメーション
エコライフとは?
健康エコ住宅とは?
業者選びのポイント!
カビ対策Q&A
海外レポート
用語集
エコ住宅を建てた方の声
 
グリーンページ
 
 
ビルダー・リフォーム会社
エコ建材情報

グリーンページ 参加社募集中
 
環境ビジネス情報
 
環境ビジネス&技術情報
ビジネスパートナー募集

ビジネスパートナー募集中!
 
エコライフ研究所とは?
 
会社案内
コンサルティング
セミナー情報
エコライフマガジン
プレスリリース
 
 
中小企業向けCSR戦略
ホームページ活性化
 
 
 
個人情報について
 
中野 博 プロフィール
 
プロフィール
書籍一覧
執筆してきた雑誌一覧
 
メルマガ登録
 

「頭脳に渇!
環境エコ時代のビジネス講座」

登録はこちらから


森のささやきコンサート開催報告

「エコライフ研究所主催 エコライフ 森のささやき井上あずみ  with 四重奏




健康・環境にいい暮らしを提案するエコライフ研究所はこのたび、初めての取りくみとして「エコライフ 森のささやき 井上あずみ  with 四重奏」ファミリーコンサートを10月28日(土)、府中の森 芸術劇場(東京都 府中市)で開催しました。出演はとなりのトトロ「さんぽ」、天空の城ラピュタ「君をのせて」などを歌い、その歌声が世界的に評価される井上あずみさん。そしてその美しい歌声に合わせてチェロ、バイオリン、ピアノ、ギターの四重奏が加わりました。さらに今回はスペシャルアクトとして、曲目の間に劇団ひまわりの皆さん、当社代表の中野博も参加し、「エコライフ」をテーマにした楽しい舞台を繰り広げました。
           


コンサート主演の井上あずみさんは普段から自然・人間・社会などをテーマとする壮大なスケールで繰り広げられるスタジオジプリの映画のテーマ曲を歌い、年間 300 回程度のファミリーコンサートを開催しています。そして彼女の舞台ではいつもかすみ草、金魚草などのお花の種を配り、コンサートが終わった後でも親子で自然と触れ合う機会を設けています。

そして今回のコンサートには、スペシャルアクトとして劇団ひまわりの皆さん、当社代表中野博が参加する舞台も演じました。舞台ではヨンさま風の昆虫博士、中野博と、森の中であそぶ子どもたち ( 劇団ひまわり ) がカブトムシをテーマに 3 つの質問を会場に投げかけ、私たちの「暮らし」と「自然との関係」を会場にいる皆さんにも楽しみながら考えてもらいました。

歌われた曲は、となりのトトロ「さんぽ」、「ビリーブ」など来場いただいたお子さんたちもなじみの曲ばかりで、会場も一緒になって歌うくらい会場の皆さんと一緒に舞台が繰り広げられました。

前半の目玉でもあったスベシャルアクト(出演:劇団ひまわりと当社代表の中野)では音楽にのせた踊りあり、笑いあり、クイズありの楽しい舞台でした。

舞台の笑いとは・・それもそのはず、ヨン様風の昆虫博士(当社代表中野)が「冬のソナタ」のテーマ曲に合わせ、子どもが遊ぶ森に登場しました。まさかのヨン様の登場に子どもたちも大喜び!

しかし、実はヨン様当社代表中野だったので、気づいた子どもも泣き出すしまつ・・・

なんていう喜劇めいた一場面もありました。




当社では今まで、代表の中野博が先人となり、地域の住宅会社・工務店に対して環境にも住む人の健康にも配慮した家づくりをコンサルティング、書籍、セミナーなどで提唱してきました。家づくりとは、生活の基盤であり、環境、人々の生活に大きな影響を及ぼすもの。その家づくりから考える「エコライフ」を、作り手に対して長年提唱してきました。

環境を考える上で欠かせないのは、その人の生活スタイルと生活スタイルを形成するマインド(心)です。今後は家に止まらず、「環境にやさしい生活スタイル」という視点から広く一般の皆さん、特に未来の担い手である子どもたちにも自然を感じる心、大切に思う心を伝えていきたいと思っています。今回ファミリーコンサートを開催した意図は、環境、自然をより身近に子どもたちに感じてほしいという願いからでした。自然が失われ都会化する現代、子供たちが自然と触れ合う機会が減っています。そこで、自然を感じる歌声、舞台、美しい音色より素直に感動できる心、自然を慈しむ心、そのような「豊かな心」を育んでもらいたいと思っています。


ここで少し具体的に環境、健康にやさしいライフスタイルについてお話しましょう。

「エコライフ」この言葉は、無理ムダを減らし、長い目で物事を考え、持続可能な地球につながる環境にやさしい生活スタイルとして、広く一般によく知られた言葉なので、ご存知の人は非常に多いと思います。

ロハスという言葉も最近では多くの場面で目にすることがあるかと思います。

ロハスとは (Lifestyle of health and Sustainability) の頭文字をとったもので健康と環境にいいライフスタイルをそう呼んでいます。これはアメリカの社会学者(ポール・レイ博士)が提唱したもので、 1970 年ごろからアメリカに宗教・伝統を重んじる伝統主義でもなく、また合理的な近代主義でもなく、健康で環境にいいもの大切にし、生活を送る人々がいることに気づき、その人たちが形成する生活スタイルをロハスと名づけました。エコライフとロハスの違いをあえて伝える必要はないかもしれませんが、ロハスは自分が主体となり、「自分が幸せでいるには健康であること、自分のまわりの環境がいいことが基本となる。だから環境に配慮した生活をおくろう。」という自分を主体とした考え方です。

エコライフは自分を主体としてエコを考えるのではなく、持続可能な地球にするために環境にやさしい生活をおくろうというものです。考え方、視点はことなってもゴールは同じ。思いはいつまでもみんなが生きることができる持続可能な地球の存続です。



コンサートを開催するなど初めての当社スタッフは皆、忙しくばたばたと資材搬入から楽屋まわり、受付準備を行ないました。当日は、朝から非常に忙しく、信じられないスピードで、時間がすぎました。舞台では、照明さん、・音響さん・舞台監督さんら、多くの人が協力し、手際よく舞台の準備にあたります。正直、皆さま慣れているため、手際のよさ、スムーズさにコンサート運営素人の私は感動を覚えました。今回は「財団法人府中の森 芸術劇場」と共催で開催したため、財団の方からの協力がありました。そのおかげで、出演者スタッフのみなさまがスムーズに舞台に集中できるように、努めることができました。会場にもよるのでしょうが、府中の森 芸術劇場は備品も揃っており、楽屋周りは事なきを終え、一安心。 終わってみるとあっという間で何がなんだかわかならい。正直これがホンネです。しかし、 人々を感動をおくる舞台制作に携れることって本当にすごいことで幸せなこと思います。
                   

当日の来場者数はおよそ 400 名、会場には多くの親子づれが参加し、楽しいひと時を過ごしました。

 

 

当日のコンサートを開催するにあたり、ご協力頂いた全てにスタッフさんに心より感謝申し上げます。「コンサート開催は絶対に一人ではできないもので、皆さんの協力ももとにあるのだな」と感じました。

 テーマであった環境を感じる心を美しい音色や、楽しい舞台より参加されたお子さんが少しでも感じてくれれば嬉しく思います。
今後もどうぞエコライフ研究所の応援お願いいたします。



 



ふれあいと感動を子どもたちに
子どもたちの歌声が響きわたる、みどり豊かな街づくり。
元気な森を汚さないでくださいね!
森が元気なら川も海も元気です。

森に住む鳥や虫や、川や海に住む魚たちも元気です。
そして私たち人間も・・・
素直に感動できる心、思いやりの心、そして自然を慈しむ心
そんな「豊かな心」を楽しみながら育んでもらいたい・・・だから・・・
「エコライフ 森のささやき:井上あずみwith 四重奏」
ファミリーコンサートをお届けします。

開催概要
日時:2006年10月28日(土)
場所:府中の森芸術劇場 ふるさとホール
開場:午後1時30分 開演:午後2時
入場料:子ども500円 大人 2000円
(9月8日発売 全席自由・子供は3歳〜小学生・3歳未満は保護者様の膝上鑑賞無料)

主催/企画:エコライフ研究所   共催:財団法人府中文化振興財団  制作:ゴクー/アオイスタジオ

 

無事終了いたしました。ご来場頂いた方誠にありがとうございました


   
(c) 2004-2005 ECOLIFE INSTITUTE CO.,LTD.All Rights Reserved